【感想】人をダメにするちょいブスの無料のネタバレを読んだ感想をレビューします!!

手錠をかけられた人を,ダメにするちょいブスの白い肢体を、男たちの指が這い回る。

 

「やめ、っ……、ん、あぁっ」

 

極太のバイブを押し込まれる。

 

機械に陵辱されてイかされ続け、泣きながら許しを請うが無視された。

 

【人をダメにするちょいブス】

<<この漫画を無料で読む>>

この漫画はBookliveコミックの

お試し読みで

無料で読むことができます。

↓↓クリック↓↓

 

この漫画のネタバレ

 

このエロ漫画を読んだ感想を書いていきます。

 

1.不幸に過ぎる者霊感あらたかに一度触ればみるみる効果が!

というようなある種のカリスマのようかものと同じつもりなのだろうか?

 

 

不幸に過ぎるものが一度触れば!人間に起きないと述べることが簡単に起きた。

 

 

一本買ったボトルがしばらくすると一回使い切りの小分けになって販売されているようなそんな話だ。

 

 

不幸に過ぎるものがその不幸の酷さで吸い出したり抜き取ったりしたものを捨てることなんかできないのだ。分け合うために小分けは起きない。

 

 

そういうことだ。

 

 

2.本屋と書店員長い歳月本屋に棲みつく悪魔を恐怖の象徴としていた。

 

悪魔祓いより効き目があるんだと「ボク」なる男が述べるので二人本屋に行った。

 

プラタナスの並木道を歩いた時のまんま手を繋ぎ、リブロまで行ったのだった。本屋で本を選び、「ボク」なる男が買う本とまとめて清算した。

 

 

二人でコーヒーショップに寄り道をし、本の代金を清算した。「ボク」なる男は、これでもう悪魔が這い出てくることはない、安心でしょ。

 

 

とその時ばかりの若い恋人同士のようにうなづきあった。

 

四つ足の獣が束の間人の姿に戻ったような、懐かしいような歯がゆいような安心しきった心持ちになった。

 

そうか、消えたわけじゃないんだ、彼らの言うことが嘘ではないことだけがはっきりした。

 

 

【人をダメにするちょいブス】

<<この漫画を無料で読む>>

この漫画はBookliveコミックの

お試し読みで

無料で読むことができます。

↓↓クリック↓↓